快適カーライフ情報館


“えっ!? こんなボロ車やカリカリの改造車、事故車・廃車同然の車までも高値で売れるの!?”

他店の下取り・買取査定で納得する値段が付かない車や、処分するのにお金がかかってしまう車はありませんか?
通常の中古車から、どんなに古くて動かない車でも、以下のサイトなら必ず「ありがとう」の言葉が飛び出しますよ!
>> 通常中古車を最高値で売る << >> 廃車/事故車/不動車の査定 << >> 改造車専門!センスを高く評価 <<


インデックス

新車を誰よりも安く買う方法!

あなたは、これを知っているだけで
あと●万円は安く新車が買えます

燃費向上の秘密兵器!
「ロケットパワーにんじん君」禁断のガソリン代を安くする秘密兵器
毎年の自動車税がタダになるくらいガソリン代が節約できるとしたらどうですか?

無料レポート進呈!

あなたが愛車に長く乗り続けたいのなら、このレポートは必見です。最低限のメンテナンスで愛車と長く付き合う方法を初心者にも分かりやすくお伝えします。


8秒に1台の割合で自動車が盗まれていることをご存知ですか? 次はあなたの車が狙われるかもしれません。

RSSリーダー

My Yahoo!に追加

Add to Google

Subscribe with livedoor Reader

一押し物販サイト
www.mactrk.com/abc
一押し物販サービス
making.main.jp/ses/index.php
一押し便利・ホビー
www.golfcourseguide.org/osewa
一押し便利・趣味
www.ensoart.com/syoukais
一押し便利な趣味のグッズ
idol88.net/iteikei

オーバーヒート発生時の対処法

オーバーヒートを起こしてしまうと、
最悪の場合、エンジンがパァーになっちまいます(>o<")

では、ドライバーが普段からできる予防法としてどのようなものが
あるでしょうか?


(1)冷却液量のチェック

 

  リザーバータンク内の冷却液の残量が規定内にあるかチェックします。
  リザーバータンクは、ボンネットを開けたときに、緑色やピンク色の液体
  が入っているポリ容器です。


  中に入っている緑やピンク色をした液体が冷却液(LLC:ロングライフ
  クーラントともいいます)ですね。


  タンクに印字されている『MIN』と『MAX』の範囲内で冷却水が入って
  いれば問題ありませんが、減っている場合は、冷却液を補充します。


  極端に減っている場合は、どこかから漏れている可能性があります。
 


  ラジエター本体内の冷却液の残量をチェックする場合は、
  エンジンが冷えている状態で行ってくださいね。


  まだエンジンが冷えきっていない状態でラジエターキャップを開けると
  熱い冷却液が飛び出してくるのでご用心!
  僕はコレで過去2回、ヤラれちまいました(TεT;)


  ラジエター内の冷却水量が極端に減っている場合は、
  液漏れやラジエターキャップの不良などが発生していることが考えられます。
 


(2)ラジエター本体や各種ホースなどからの漏れチェック 


  停車中のクルマの下回りを見て、クルマの下に冷却液が漏れていないか
  チェックします。


  液だまりができている場合は、どこから漏れているのかを特定します。
  液漏れの発生しやすい場所として、


  「ラジエター本体」、「ラジエターホース」、「ウォーターポンプ」

  
  が挙げられます。


  漏れがあることが分かったら、すぐに整備工場で診てもらいましょう!


(3)水温計のチェック

 
  オーバーヒートの症状は、第一に水温計に現れます。
  

  普段は“C”と“H”の中間を指している針が、H側にかなり
  近い状態を指していれば危険信号です。


  燃料計を見る習慣はあっても、水温計を見る習慣はない人はけっこう
  いるかもしれませんね。
  

  オーバーヒートは、エンジンが異常高温になり、症状が進むにつれて
  エンジンに深刻なダメージを与えます。

  
  水温が多少高くなったというような初期段階で対処できれば、
  "走行不能"という最悪の事態は避けられます。


  ぜひ水温計にも注目してください。


  異常があれば燃料計のように警告灯が点きます。

オーバーヒートの予防はこれで何とかなるとしても、走行中にラジエター
に石が当たって冷却液が漏れ出したり、冷却ファンが作動しなくなって
オーバーヒートの症状が現れはじめた時はどのように対処しましょ?


オーバーヒートが起こったときの対処としては、安全な場所に直ちに
停車してエンジンを停止するしかありません!

エンジンが回ってなければ、エンジンからの発熱はありませんので、
冷却液は自然に冷えますよね。


水温計の針が“H”まで行かなくても、Hマーク手前の目盛り付近まで
水温が上がっている場合は"オーバーヒート気味"です。


この段階で対処すれば、シリンダーガスケット破損などの深刻な事態は
避けられますし、水温が下がれば走行できる可能性も高いです。



欲を出して「もう少し」と走らせると、逆にエンジンに深刻なダメージを
与えてしまうので、異常に気づいたら少しでも早く安全な場所で停車し、
すみやかにエンジンを停止しましょう!

一旦オーバーヒートを起こしたということは、今後もまた起きる可能性大
なので、必ず整備工場で診てもらうようにしてくださいね。



知ってますか? 24時間365日【実質無料のロードサービス】


   不慮の事故やアクシデントに見舞われたときに役立つロードサービス。
   自動車保険と同じで大抵の方がJAF等のロードサービスに加入してますよね?

   でも、JAFだと年会費4,000円かかるし、加入したはいいけどなかなか利用する
   機会はないしで、何だかもったいないと感じたことはありませんか?


   そんなあなたには「ENEOSカード」を持つことをお勧めします。

   24時間365日、年中無休でロードサービスを受けられますし、
   無料の牽引距離やサービス内容もJAFとほとんど差がありません。


   それでいて年会費はたったの1,312円です。
   しかも年間1回以上のクレジットカード利用があれば、その年会費すら無料になります!

   さらに・・・ガソリン&軽油が1Lあたり2〜7円も安くなる上に、
   カード利用金額の3%がポイント還元されるという超〜お得なカードです。

   普段、クレジットカードを持たない方でも、年に1回、給油でカードを利用すれば、
   実質年会費無料でJAFと同等のロードサービスを受けることができますね!


   詳しくは以下の「ENEOSカード」の説明ページをご確認ください。

>> ENEOSカードの詳細はこちらです <<




Powered by Movable Type 3.2-ja-2 Copyright(C) 2006  快適カーライフ情報館  All rights reserved.


リンクが自動増殖オートリンクの登録はこちら  by オートリンクネット  ブリスクエスト
[PR]シカゴ発 映画の精神医学  メルマガ最強化計画  ジャニーズネット大辞典